海外の反応プリーズ


これは、ファミコンから出る音(BGMや効果音)を、そのまま自動で生楽器が演奏するシステムのビデオです。

ピアノにはYAMAHAのDisklavierシステムを、ドラムには独自の技術を使い、カードサイズのコンピューター「Raspberry Pi」を使って制御しているそうです。

演奏する曲は、日本のゲーム「スーパーマリオ1、2、3」と「ゼルダの伝説」です。

それでは、どうぞ御覧下さい。




このビデオに対する海外の反応です。


・やっぱ、スーパーマリオ2の音楽は最高だなあ。



・これは・・・・・・ワオッ!



・どうやったら、これを組み立てられるの?
いや、マジで教えて欲しいんだけど。



・これは美しい・・・・ただただ美しい。



・俺のスピーカーも、こんな風に改造してもらいたい!(笑



・あのゼルダが始まった時、ボリュームをほとんどフルにまで引き上げたよ。



・これは、新しいゲーム機にも対応するんだろうか?



>・そうは思わないね。
新しいゲーム機は、MIDIオーディオじゃないから。



・初めは何かのジョークかと思ったが・・・・これにはブッたまげた・・・。



・このビデオを観終わって、少なくとも40%は観る前よりハッピーな気分になったよ。



・ノスタルジアが、ハンパね~~ッ!!



・君は、これの作り方を紹介したビデオも作るべきだ!



・まさに、素晴らしき天才だな。
それしか言葉が見つからない。



・マリオ3の音楽は、な~んか乱れているなあ。



・ファンタスティック!



・何年もファミコン音楽をピアノで練習して来たけど、全部無駄だったのか・・・。
単に、ピアノをファミコンに繋げばいいだけだったのね。



・ファミコンの、また違った楽しみ方を教えてくれてありがとう!



・俺の頬を涙が伝って行く・・・・。
この素晴らしさは、言葉では表現出来ないよ。



・これには、ロックマン2の音楽が、合うと思うな。
特に、メタルマンのステージがピッタリだと思うよ。

(ロックマン2のメタルマンのステージのビデオ)







ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!