海外の反応プリーズ


これは、日本のアニメSchool Daysの第9話エンディングテーマ「あなたが…いない」のビデオです。

それでは、どうぞ御覧下さい。




あなたが…いない
作詞 - 江幡育子 / 作曲・編曲 - 飯塚昌明 / 歌 - 栗林みな実


このビデオに対する海外の反応です。


フィリピン
・この曲好き。



ボスニア・ヘルツェゴビナ
・この曲は、聴くたびに泣いちゃうんだよな。



シンガポール
・何て悲しい歌なんだ・・・。T^T



フィリピン
・ハロー!
俺はフィリピン人なんだけど、日本の歌が大好きなんだよ。
とても甘くて、悲しくて、ロマンチックでね。



マレーシア
・子供の頃、いつも一緒に遊んでいた男の子の事を思い出すわ。
お互いの秘密を共有しあえる程の仲だったんだけど、私が10歳になった時、いつの間にか彼は消えてしまったのよ・・・。
ママはそんな子は存在しないって言うんだけど、私はそんな事信じないわ。
もう一度でいいから、彼に会いたい・・・。



ブラジル
・このゲームは大好きでもあり、大嫌いでもある!!!



アメリカ
・こういった美しい曲こそが、いつか日本に行ってみたいと思う理由のひとつ。



フィリピン
・この曲は、眠気を誘われるね。



アメリカ
・School Daysに本当にピッタリの曲だね。
これはとても悲しいアニメだったけど、最後はヤバかったな~・・・・。



ドイツ
・美しい歌だね。



アメリカ
・思うにこれは、言葉についての歌なんじゃないかな、世界じゃなくて。



アメリカ
・これは、俺が15歳の時の初恋を、強く思い出させるよ。
ある日彼女は事故に遭ってしまって、その後、彼女の両親は引っ越していったんだよね。
あの時は、心の底から悲しかったよ。
彼女に、どれだけ好きかも伝える事が出来なかった・・・。



ポーランド
・ワオッ、いい歌だ・・・。



エクアドル
・このアニメと曲が好きだなあ、ノスタルジックな気分になったよ。
でも誠の事を思い出すと、ちょっと怒りが込み上げてくるね。-.-''



フィリピン
・チクショー、泣けて来るのに、こういった曲を聴くのを止められない。
これは、何て名前の病気なんだ?



フィリピン
>・多分その病気の名は、愛ね。



イギリス
・涙が出て来たわ。
私が好きな友達の男の子は、もうほとんど私と喋ってくれないの・・・・。



カナダ
・School Daysは2010年のアニメの中で、最高の作品のひとつだよな。
いや~、素晴らしいアニメの年だったよ、実際。



フィリピン
・サマンサの事を思い出したわ。
彼女と私は親友で、何をするにもいつも一緒、本当に強い絆で結ばれていたのよ。
でも友達になってから5年後、彼女はボストンに引っ越して行ってしまったの。
その後、彼女はまったくの別人になってしまった・・・。
しばらくの間、彼女に電話をしたり手紙を書いたりしたんだけど、彼女は私の存在を忘れてしまったようだったわ。
もう二度と私たちは、昔の様な関係にはなれないでしょうね。
彼女は友達というより、家族の様な存在だったのに。



イタリア
・このアニメはロマンスとコメディだと思っていたら、最後にホラーが待ち構えていたんだよな。



メキシコ
・本当に本当に、この曲が大好き!



アメリカ
・この曲を聴いて、悲しいひとつの思い出が蘇って来た。
6、7歳ぐらいの子供の頃、可愛らしい女の子と出会って一緒に砂場で遊んだんだよ。
でもしばらくしたら、彼女の母親と自分の母親に引き離されたんだよね。
2人とも泣いていたんだけど、彼女たちは離してくれなかった。
俺は14歳だけど、いまだに彼女と再会していないし、きっともう二度と会えないんだろうな・・・。



フィリピン
>・私も同じ事を体験したわ。
ただ私の場合は逆で、相手が男の子だったんだけど。
私も多分、彼とは一生会えないでしょうね。



アメリカ
>・希望を捨てちゃいけないぞ。
君はまだ若いんだ、きっとまた彼女に会えるさ。



カナダ
・この曲のあまりの悲しさに、涙がこぼれちゃった。
愛する叔父さんを亡くして以来、泣いてなかったのに。
でも同時に、心の安らぎも感じているわ。






ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!