海外の反応プリーズ


スレ主:
「自分が好きな作品のほとんどは、ホラーやスリラー系だという事に気づいたんだ。
でも、ひぐらしや屍鬼やエルフェンリートの様な作品は、他にあまり出て無いよね?
これは、どうしてなんだろう?」


このスレッドに対する海外の反応です。


・ホラーは作るのが難しいし、良作ホラーを作るのはさらに難しいから。
買い手も少ないから、利益も少ない。
悲しいけど、これがその理由だね。



・Anotherは、もう見たかい?



>スレ主
・ああ、見たよ。



>・コープスパーティーや空の境界シリーズは?



>スレ主
・コープスパーティーは見てないけど、空の境界シリーズはもう見たよ。



・何故なら、あまり上手くいかないから。
何故上手く行かないのかは、他の人が言ってくれるだろう。
スリラー作品なら他にも沢山あるけど、それを超えるような作品は極わずかだね。



・アニメでは、ホラーはあまり上手く作れないから、スリラーは作れるけど。
もしも時間があるなら、パーフェクトブルーを見る事をオススメするよ。
これは本当に素晴らしいスリラーで、「信頼できない語り手」が上手く使われている数少ない作品だね。(まあ、映画作品だけども)


信頼できない語り手とは:

信頼できない語り手は、小説や映画などで物語を進める手法の一つで、語り手(ナレーター、語り部)の信頼性を著しく低いものにすることにより、読者や観客を惑わせたりミスリードしたりするものである。

Wikipediaより。




・さあ、何でだろうね?
でも、漫画まで手を伸ばしていいのなら、伊藤潤二の作品はメチャクチャ怖い(もしくはエグい)よ。



>スレ主
・ありがとう、バトル・ロワイアルを読み終わったら、そっちも読んでみる事にするよ。



・日本は、全体的にそれほどホラーが好きじゃないって聞いた事があるよ。
つまり、それほど市場が大きくないからなんじゃないかな。



・今期では、pupaがいいホラー作品だよね。



>スレ主
・OPとEDを含めてたった5分間の作品じゃ、心底楽しむのは中々難しいんだよなあ。
残念だよね、始まる前までは、この作品を本当に楽しみにしていたのに。



・ホラーかは分からないけど、まだ見てないなら未来日記もオススメ。



・自分も屍鬼を見たんだけど、屍鬼は怖くなかったね。
俺が怖かったのは、あの青い髪の女だよ・・・・・そう、前田元子。



・何故なら、アニメでコミカルさを表現するのは容易だけど、怖さや気持ち悪さを表現するのは、非常に難しいから。
例えば、君が挙げたひぐらし。
これは素晴らしい作品だと思うけど、レナのあの薄気味悪い笑いはコミカルだって言われているのを、他で聞いた事があるからね。






ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!