海外の反応プリーズ


海外の反応プリーズ (2)
スレ主
「このエピソードは、放送禁止になったんじゃなかったっけ?」


この画像に対する海外の反応です。


・銃が出て来るエピソードは2つあって、放送禁止になったのはこっちじゃないね。



>・そう。
サファリゾーンのミニリュウが出て来るやつだよ。



・放送禁止になったエピソードは、第35話の「ミニリュウのでんせつ」だね。
カイザーがサトシの頭を銃で狙ったシーンが、アメリカの検閲に引っかかったんだ。

追記:良く考えてみたら、けっこう放送禁止になったエピソードがあったな~。
でも、武器が理由で放送禁止になったエピソードはこれだけだよ。



>・「放送禁止になったエピソードのリスト」(韓国)

"サムライしょうねんのちょうせん!"
このエピソードは、サムライが登場しているという理由で放送禁止になりました。

"エリカとクサイハナ"
このエピソードは、エリカが香水の店で日本の服(着物)を着ているという理由で放送禁止になりました。

・・・・韓国って、変わったな国だなあ。



>・「いまいましい日本の文化め!」
「しかし、これは日本の番組ですから」
「黙れキム、意見を聞くためにお前に金を払ってるわけでは無いんだ」
「分かりました・・・」



>・ああ、韓国には、明らかな日本的なものは見せてはいけないっていうルールがあるんだよ。
侍戦隊シンケンジャーも、侍が理由で放送されなかったし。



>・ひょっとして、キョウが出て来るエピソードも放送禁止になった?
だって、彼は忍者だからさ。



>・ああ、なったよ。



・「でんのうせんしポリゴン」が放送禁止になったのは知ってるけど。


ポケモンショック:

ポケモンショックとは、1997年12月16日にテレビ東京および系列局(TXN)で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』(ポケモン)の視聴者が光過敏性発作などを起こした事件である。事件の影響でポケモンの放送が4ヶ月の間休止された。

発端となったのは、1997年12月16日にテレビ東京系列で放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター』第38話「でんのうせんしポリゴン」の後半あたりの映像であった。

Wikipediaより。




・これは、「ゼニガメぐんだんとうじょう!」のエピソードだね。
ロケット団が店を襲って、その後買い物をしに入って来たサトシ達も、強盗だと勘違いされたんだよ。
悲しい事に「ミニリュウのでんせつ」は、吹き替えさえされていないと思うよ。



>・声優達は、そのエピソードの吹き替えをしたって言っていたよ。
でも、オンエアはされなかったんだね。
「ポケモンショック」の方は、吹き替えさえされなかったけど。



・自分の記憶が正しければ、ドククラゲがビルを破壊したシーンが、9/11以降にカットされていたはず。



>・そのエピソードは、一時的に放送禁止になっただけ。
しばらくしたら放送されて、今では普通に見れるようになっているよ。



・これって、英語の吹き替え版?



>・これは、ネットフリックスの吹き替え版だね。

※ネットフリックスは、アメリカのオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。



・し~~~~っ、彼らに気づかれちゃうだろ。



・18話も放送禁止になったんだよね、カスミのビキニのせいで。



>・違う、18話が放送禁止になった理由は、コジロウが胸の膨らんだ女装をして、さらにカスミに向かって「コンテストには10年早い」と、胸を手で揺らしながら言ったシーンがあったから。



・銃が出ていても、撃たれなかったり、誰かに向けられていなかったりしたいくつかのエピソードは、放送されているんだよ。






ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!