海外の反応プリーズ




8月5日に、北米で限定で劇場公開された日本のアニメ映画「ドラゴンボールZ 神と神(吹き替え版)」が、公開初日に興行収入1,072,600ドルを記録し、当日の映画興行収入ランキングの6位にランクインしました。

2014年8月5日の、北米における映画興行収入ランキング

1位 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 11,907,821ドル
2位 LUCY/ルーシー 2,576,110ドル
3位 ヘラクレス 1,631,475ドル
4位 Get On Up 1,332,205ドル
5位 猿の惑星: 新世紀 1,285,970ドル
6位 ドラゴンボールZ 神と神 1,072,600ドル

http://www.boxofficemojo.com/daily/chart/?view=1day&sortdate=2014-08-05&p=.htm


この事柄に対する海外の反応です。


・最も重要なのは、アニメでもこれだけの事が出来るんだという事実。



・たった1日で6位とな?
これはメチャクチャ凄いじゃないか。



・この作品は、マジで気に入ったよ。



・昨夜見に行って来た。
劇場側は、元々は2スクリーンで公開する予定だったんだけど、5スクリーンに拡大されていて、チケットは全て完売していたね。
これは、成功したと言っていいんじゃないかな。



・自分も、昨日行って来た。
そこまで人はいないだろうと思ってたんだけど、何てこった!、全ての席が埋まってたよ!
あと、映画もマジで良かったね。



>・自分も、ニューヨークで見た。
劇場は満員で、あれは素晴らしい時間だったなあ。



>・ウチの劇場では、自分がチケットをゲットする前に売り切れてた・・・・・俺は、今でもブチ切れてるよ。



・アラスカで公開した2館の劇場でも、チケットは両方とも売り切れてたよ。
あれは、最高の映画だったね。



・どうやら、これで新しい映画もこっちで公開される事が決まりましたな。



>・ああ、これでDBZがどれだけ人気なのかが、明らかになったと思う。
だから2015年の新作映画は、今回と違って、ここまで遅れてアメリカで公開される事は無いだろうね。



・これはマジで凄い事だよな、限定で公開された事を考えると。



>・ああ、もしも全ての映画館で公開されていたら、1位になってたと思う。



・テネシーでは、たった1日しか公開されないんだ。
他の所でもそんな感じ?
自分は、見る事が出来なくてへコんでるんだけど。



>・自分はカナダにいるんだけど、ここでの公開は、今日と土曜日だけだね。
どっちも、午後1時までの上映。



>・そうか~、DVDが出るまで待つしかないか~・・・。



>・ウチの地元では、1日1回で、たった2日間の上映。
今、自分は休暇でサンディエゴに来ているんだけど、こっちは1日1回で、4日間上映するみたいだね。



>・ペンシルバニアにいるんだけど、この映画を上映している映画館は、家から1時間も掛かる所にあるんだ。
ああ、もちろん俺は、DBZをサポートするために見に行ったさ。
まあとにかく、その映画館は、7:30からの1回のみで、5日、6日、7日に上映されていたね。
だから、君の所だけじゃないよ。



・ワオッ、こんなに人気があるなんて知らなかった。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーみたいな映画は、全ての人を対象とした映画だから分かるけど、この映画は、DBZファンのための映画だよね。
これは不思議な事だよなあ。



>・DBZは、20~30代に異常なほど人気があるから。






ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!