海外の反応プリーズ


鈴木敏夫P、ジブリ「つくり方を変える」 宮崎駿監督も短編製作に意欲

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(65)が7日、NHK総合『あさイチ』(月~金 前8:15)に生出演。製作部門をいったん解体する方針を表明したことにより一部で解散するなどと報じられたことを受け、「解体とかジブリがなくなっちゃうって言われてますが、つくり方を変えるんですよ」と報道を否定。さらに、長編アニメ製作からの引退を表明した宮崎駿監督(73)について「宮崎駿も(また)つくりたいと…」と短編製作への意欲を明かした。

司会の有働由美子アナウンサーが「一部でお休みというか辞めちゃうんじゃないかみたいな話も…」と直球の質問をぶつけると鈴木氏は、「僕は本当は休みたい。でも、そんなわけにはいかないんですよね」と笑いつつ「一部報道では、解体とかジブリがなくなっちゃうって言われてますが、要は、つくり方を変えるんですよ」と言及し、スタジオジブリでの製作方法を変えるとした。

さらに、宮崎監督についても触れ、「実は、こんなことしゃべっちゃっていいのかな」と微笑むと、「宮崎駿もつくりたいみたいな…」と発言。スタジオが「えー!!!」と驚きの声に包まれると、「僕の予想ですけれど、まず短いものはやりますね」と短編製作への意欲を明かした。

続けて、司会の井ノ原快彦から宮崎監督と「その話はしてないんですか?」との問いには「ちょっとしてるんですけどね…これ生(放送)ですよね。困ったな」と苦笑しながらも、「三鷹の森ジブリ美術館で短編アニメをつくっているので、そういうものだったらやってみたいと。ただ何をやるか、これが難しい。どうしたら子供たちが喜んでくれるものを、どうつくるべきか、そこですよね」と話していた。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1182199



このニュースに対する海外の反応です。


・これは素晴らしいニュース。


・新作アニメ!?
ぜひお願いします!!!



・これを聞いて本当に嬉しくなったし、同時にホッとしたよ。



・これには別に驚かないね。



・今日聞いた中で、一番のニュースだ!



・宮崎の様な人間は、燃え尽きやすい傾向にあるんだ。
だから、彼らには休憩が必要なんだよね。
でも、彼らはクリエイティイブだから、じっとはしていられないんだ。
スティーブン・キングがそれに当てはまるし、宮崎も同じだと思うよ。



・これはいいニュース、ぜひとも実現させて欲しいね。
自分は三鷹にあるジブリ美術館で、いくつかの彼の短編を見る事が出来たんだけど、それらは本当にクオリティが高くて心がこもった内容だったよ。



・これは、ちょっと予想していた。(笑
とにかく、楽しみに待っています。



・自分は日本人の友達がいるんだけど、前に「宮崎が引退を撤回したよ」って彼女に言ったら、「また?」って返されたんだ。
彼女が言うには、彼はいつも引退宣言をしては復帰をしているらしい。



・これにはそこまでショックを受けなかったし、それに、多分これはいい事だと思う。
人がボケないためには、積極的に何かをし続ける事が一番いい事だと思うから。
彼にとっては、期待、要求、プレッシャーを感じずに仕事をする事は、何もしないよりもリラックスするのかもしれないね。



・マジでこれは実現して欲しいなあ。



・つまり、新作のジブリ映画を作るわけではないのか。



・自分は、マジでナウシカのアニメが見てみたいんだ。
だって映画は、7巻ある内の1巻の内容しか描かれていないんだもの。



・前にも何回か引退するといってしなかった事があるから、これは本当に実現するかもしれないな。



>・まあ、彼が言ったのは、長編映画から引退だから。
だからこれは、引退からの復帰とは言えないと思う。
美術館のための短編映画なら、かなり実現する可能性が高いだろうね。



・今、自分がどれだけハッピーかって!!??
信じられないぐらい超ハッピーさ!!!!!!!!



・お願いだから、扉を閉めないで。
自分は、宮崎駿が大好き。
10歳の時に彼の作品を全部見たし、宮崎駿に影響されて、自分でアニメ映画も制作した。
18歳になった今の自分の夢が、いつかスタジオジブリで働く事なんだ。



・宮崎は、過去10年ぐらいに渡って何度も引退宣言をしているから、これには驚かない。
それに、短編作品と長編作品では大きな違いがあるし。
自分は、この人が完全に引退する事は無いんじゃないかと思ってるんだよね。






ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!