海外の反応プリーズ


今年の5月に就任したインドのナレンドラ・モディ首相が、主要国における最初の訪問先として選んだのが日本。

その訪日中に、モディ首相が太鼓を叩く様が海外で話題になっていました。




このビデオに対する海外の反応です。


・素敵だね。



・やけに上手いじゃないか!



・これには脱帽です!
誇らしい気分になりました!



・やっと、インドにクールな首相が現れたぞーッ!(笑



・インド史上最高の首相・・・。



・ワオッ、これは素晴らしい!
なんてオールラウンダーなんだ。



・彼に対する見方が変わったよ。



・これは最高!
ロックスターだぜ!



・ダンディア(インドのお祭り)の練習が、ついに報われたな。



・モディって、ドラマーの才能もあったんだな。



・彼が好きでも嫌いでも、これは笑顔になっちゃう光景だよね。



>・確かに。
自分も笑っちゃったから。



・今年のダンディアに、誰を招くか決まったよ。



・あなたは、インドにおける最もクールな首相です!
あなたに投票した事を、誇りに思います。



・モディがドラムを叩き、そのビートに合わせてソニア・ガンディー(インドの政治家)が踊るのであった。(笑



・ロッキン首相・・・・。



・何に対しても自信と熱意を持って行うあなたは素晴らしいです!



・この首相好きだなあ。
まあ、マンモハン・シン(インドの第17代首相)ほどでは無いけど。



・彼と結婚したい・・・。



・インドにだって沢山のミュージシャンがいるのに、何でわざわざ日本でドラムを教わるんだ?



・素晴らしい変化だ。
以前の操り人形の様な首相と比べると。



・自分たちの首相が、日本でこんなにも温かいレセプションで迎えられるとは思わなかったなあ。
あなたは、我が国全体を誇らしい気分にさせてくれましたよ。



・もうリンゴ・スターの時代は終わったな。



・彼はもう63歳なのに、まるで25歳のミュージシャンの様に華麗に演奏をして楽しんでいるじゃないか。
脱帽です、モディ首相。



・アーティストであり、インド人である自分としては、誇りを持ってあなたに敬意と喝采を送らせてもらいます。






ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!