海外の反応プリーズ



イギリスのBBCニュースによる、チバットマンの特集映像。


警察から出頭命令?千葉ットマンついに取調室へ…!独占インタビュー

映画『ダークナイト』バージョンのバットマンに変身し、千葉の街を中心にバイクで疾走する姿が話題を呼んで大ブレイクした、通称・千葉ットマン。話題になりすぎた彼が、何と地元警察から出頭の要請を受けたという。その裏側を、千葉ットマンが語った。

「みんなを笑顔にしたい」との一心でコスチュームをまとい続ける千葉ットマンだが、警察へは通常業務用の作業着で出頭。受付を探していると、マスクを着けていないのにも関わらず「バットマンですよね? どうぞバットマン、こちらです」と声を掛けられ、思わず笑いそうになってしまったという。

「まさに“取調室”という感じの部屋に行きました。背広の警官の方に加え、陸運局の方も。カツ丼が出てきそうでしたね」。そんなシチュエーションで彼に語られた内容は、自ら改造したトライクバイク“千葉ットポッド”の細かな修正点・注意事項について。「車幅や、マントの固定についてなど細かく話し合いました。制作期間や手法についても話せて、楽しかったです」とのこと。最後に「今回はお騒がせして、本当に申し訳ありませんでした」と伝えると、警察も「あなたには全く問題はありません」と笑い、最終的には「これからも続けるんですよね? 何かあったらいつでも連絡してくださいね」と背中を押してくれたそうだ。

ブレイク以降、雑誌掲載やテレビ出演のオファーが殺到したという千葉ットマンだが「自分の行動原理は、街中で見かけてもらったその瞬間を笑顔にさせること」と語り、そのほとんどを断わらせてもらったという。「大変なことが起きても、皆さんに笑顔を取り戻してもらえるように」と現在もコスチュームやバイクを進化させることに余念がなく、「これからも走り続けます」と熱く断言。千葉の街を中心に日本各地へと突然現れる千葉ットマン。その熱い思いは、今日もどこかで、映画から現実へ飛び出してきたかのような夢の光景を人々に届け続けている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140908-00000023-flix-ent



この事柄に対する海外の反応です。


・チバットマン最高!



・素晴らしいストーリーだ!
彼には、このまま出現し続けて欲しいね。



・イェーッ、ゴー・ゴー・チバットマン!



・ちょっと待って、「みんなを笑顔にしたい」だって?
何か混乱して来た・・・・彼はバットマンなの?ジョーカーなの?



・自分もこの記事を読んで、笑顔にさせてもらったよ。



・彼は、人々の模範だな。



・俺のお気に入りのヒーロー。



・警察は、チバット・シグナルで彼とコンタクトをとったらしいね。
彼なら、デング熱を媒介する蚊も除去出来るかもしれないな。



・チバットマン・ライジング!!!



・気に入った・・・・こういういいニュースも、一度ぐらいあってもいいよ。



・えっ、チバットマン?サイタマン?グンマン?



・彼は、全ての5歳児が見る夢を実現しているな。
あと、大勢の大人も。



・日本よ、君たちは素晴らしい。



・多分、バイクがきちんとしたものであるかどうかを、確認していたんだろうね。



・彼のバットモービルの事が、よく分かんないんだよなあ。
まるで、「自分はトライクに乗りたいけど、同時に横にもなりたいんだ」って言ってるみたいじゃないか。



・ハハハ、彼をハグしたいよ。



・"日本に行ったらやる事"リストに、「チバットマンと写真を撮る」を加えました。



・彼の地元で、チバットマンのアニメが作られる事を期待している。
もしも実現したら、ハンパなく面白いだろうね。



・チバットケイブは、どこにあるんだろう・・・?
それに、チバットガールは?
彼女は、ホットなんだろうなあ!
なんか頭の中で、Neal Heftiの曲が流れて来た・・・。







ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!