海外の反応プリーズ





このビデオに対する海外の反応です。


・アメリカでは、赤信号の時に右折出来るなんて知らなかったわ。
イギリスでは、そんな事出来ないからね。



・うわ~、日本での運転免許証の取得が、そんなにも掛かるなんて!!
私も、高校生の時に早朝に教習を受けて、16歳で取得したのよ。
カリフォルニアの広い道路での穏やかなドライブが恋しいなあ。



・ドイツでは、運転免許証に1000~2000ユーロ(大金!)も掛かるんだ。
あと、こっちでもバナナは選べるよ。(笑



・ここノースカロライナの学校では、教習は無料で、試験に20ドル、免許証そのものに17ドルだったね。



・テキサスでは、赤信号の時に右折しないと、人々はマジで怒るよ。
みんな、数秒でも早く目的地に着きたいんだ。



・バナナをちぎって選べるなんてクレイジーだわ!



>投稿者
・自分も、それとまったく同じ事を思ったんですよ。(笑
-ジュン



>・自分も衝撃を受けたよ、ジュン。
自分は生まれてからずっとアメリカに住んでいるけど、そんな事をしている人の事なんて一度も聞いた事が無いから。



・ここイギリスにも、セルフレジはあるね。
ただ、ショッピングカートを消毒するのは、自分の目には奇妙に映ったけど。(笑



・カナダでは、卵のカートンを半分に割って買う事が出来るよ。
いくつかの大きなスーパーでは、そういう事は許されてないけど。



>投稿者
・何ですって!?



>・そうなんだよ!!!
そして残りの半分(6個)を、他の誰かが買っていくんだ。



>・だったらそもそも、何で6個入りのカートンで卵を売らないの?
ここスウェーデンでは、それぞれ6、10、15、18、20個入りのカートンで卵が売られているよ。
こっちでは、カートンを半分に割る必要なんて無いから。



・チョイ待ち、アメリカでは、ショッピングカート(アイルランドでの呼び名はトロリー)を消毒するって?
なんか奇妙だなあ・・・・・賢明な事だと思うけど、やっぱり奇妙だよ!



・アメリカにおける運転免許の取得は、本当に安くすむんだね。
自分はフランスに住んでいるんだけど、こっちではおそらく最低1500ユーロは必要になると思う。
さらに教習が増えれば、もっと掛かる事になるんだろうけど。



・なんてこった、こっちのスーパーでも、バナナのアイテムコードは4011なんだよ!!
アメリカ全土で、バナナのアイテムコードは同じなんだろうか?



・ウチの国には、セルフレジなんて無いね。(笑
そんな事したら、誰も支払いしないから・・・・。



・ワオッ、400ドルだって?
自分がジョージアで15歳で免許を取得した時は、たった10ドルしか掛からなかったよ。
教習が無かったから、そこまで掛からなかったのかもしれないけど。



・あのバナナのやつは、ニュージャージーでは出来ないよ。
少なくとも、自分が住んでいる街では。
こっちのスーパーのバナナには、プラスチックのリボンが付いているから。



・コメント欄を読んで驚いた、アメリカにはバナナを選べない地域があるんだね。
ここプエルトリコでは、ポンド単位で売っているから、違った房から選ぶという事に対して何の問題も無いよ。
日本の運転免許証に掛かるお金はクレイジーだね。
自分の場合は、350ドルも掛からなかったと思うよ。



・ハハハ、これは気に入った。
自分も、日本語における外国語の発音には苦労しているんだ。
例えば、"エキスパート"とか。(笑



・ショッピングカートは拭くのに、タッチスクリーンは拭かないの?



・日本では、運転免許証を取得するのに2000ドルも掛かると聞いて、スシがのどに詰まったよ。
だから向こうの人は、公共の交通機関をよく使うのかな。



・あのバナナのは、オランダでもやっているね。
セルフレジのカウンターも見た事あるけど、あまり使っている人は見ないなあ・・・。



・ポーランドでは、教習に100ドル、試験に25ドル掛かるんだ。
合格するのは、アメリカと比べて随分と難しいよ。
何故なら、テスト後にすぐ忘れてしまう様な無意味なルールが、文字通り何千もあるから。






ブログランキングに参加しております。1ポチして応援して頂けると励みになります!